『わが夜のいきものたち』

 大岡信のこんな記事に遭遇。

《 大岡信さんの詩において想像力と批評とがもっともスリリングに絡みあうのは、詩篇「告知」をめぐってでは ないでしょうか。大岡さんはまず、詩篇『わが夜のいきものたち』を発表し(1966)、ついでその制作の経緯を エッセイ「言葉の出現」に書き(1968)、最後に、「わが夜のいきものたち」のもとになった記録を詩篇「告知」 と題して詩集『透視図法──夏のための』に収録しました(1972)。なにが起こっているのでしょう。 》  詩篇「告知」をめぐって──大岡信における想像力と批評
 http://ookamakotokenkyu.verse.jp/

  『わが夜のいきものたち』「言葉の出現」「告知」は、本棚の『大岡信著作集』青土社1、2、6巻に収録されている。 まずは詩篇『わが夜のいきものたち』を読んでみた。これは1961年から1967年に発表された詩からなる。1963年発表の なかなか読ませる「ことばことば」の他、

《 同時代の流行の生活感覚や流行思想に対する本能的な疑惑、嫌悪、怒りの衝動と切離せないところで芽生えたもの 》

 だろうと想起させる「花と地球儀」、どこかで使いたくなる詩句の「悲歌」、微苦笑を招く「地名論」までいろいろ。 気に入った詩句から少し。

《  ぼくが近づこうとしているのは
     たぶん風でつくられた
       変幻自在の見えない都市だ
         男が子供を生みはじめる苦痛の都市だ  》 「心にひとかけらの感傷も」

《  雲雀の刃は空を突き刺す
   空は深い鏡になる  》 「花と地球儀」

《  しかし便器にしゃがむにも個人のスタイルがあるように
   愚かさにも逃れられない個人の形がある
   私が愛した女たちの愚かさは
   それが生んだかなしみのふかさにおいて及びがたかったが
   口に出してそれを言うのは
   いつも別れる時でしかない
   なんという言葉の貧しさであろう  》 「悲歌」

《  外国なまりがベニスといえば
   しらみの混ったベッドの下で
   暗い水が囁くだけだが
   おお ヴェネーツィーア
   故郷を離れた赤毛の娘が
   叫べば みよ
   広場の石に光が溢れ
   風は鳩を受胎する  》 「地名論」

 大岡信ことば館から出ている広報誌『ことば館たより』連載の三浦雅士大岡信の時代 第3回」に目を瞠る論述。 谷川俊太郎大岡信の詩を較べて。まず谷川俊太郎

《 その詩は概念的に明晰であり、つねに立体的に把握できる。大岡さんの詩はそうではない。概念的に明晰であると いうよりは、肉感的かつ多義的である。(中略)他方、大岡さんにとって言葉はむしろ物(触り触られる対象)なのだ。 》  『大岡信ことば館便り』第3号18頁

 見事だ。正鵠を射ていると思う。大岡信の詩がなぜ苦手なのか、腑に落ちる。

《 大岡はじつに鋭敏かつ明晰な批評家だったのである。詩以上に、評論が注目されたのは、これはもう、しようがなかったと 言うほかはない。 》 同頁
 http://kotobakan.jp/assets/uploads/2014/05/tayori03.pdf

 これは読み応えがある。だからこそ先だって出版された『自選 大岡信詩集』岩波文庫の解説を書いているのだろう。
 https://www.iwanami.co.jp/moreinfo/3120210/top.html

 ネットの見聞。

《 生物化学兵器が9条に明記されていないがゆえに9条違反でないのなら、「全地球瞬時破壊兵器」も 9条違反ではないことになるがそれは明らかに間違っているだろう。このあたりをちゃんと詰めて反論すべきだ。 》  森岡正博
   https://twitter.com/Sukuitohananika/status/725501215740596224

《 問題と答えの組合せを暗記することしかしたことがなくて、それが勉強だと思ったまま大人になってしまう人も、 結構いるのではないかとこの頃は思っている。 》 中野善夫
 https://twitter.com/tolle_et_lege/status/725323644646256640

《 人々は、いつなんどき、なにがきっかけで全方位から攻撃を受けるかわからない「炎上」を怖れ、日々言葉を慎み、 デシベルよりもシーベルトのほうがポピュラーになった世界で、音を発することのないSNSを手に、精神的には「ひそひそ」、 「ひそひそ」と息を潜めて暮らしている。 》 椹木野衣
 http://www.art-it.asia/u/admin_ed_contri9_j/zkQAGBPZM9o4UyXSdV2h

 ネットの拾いもの。

《 霞が関文學 GDPマイナスだけど景気は緩やかに回復してます 》

《 昭和天皇、あと1日長生きすれば平成まで生きられたのになあ 》

《 呪われた平成  》