「如来全身」「三昧王三昧」「三十七品菩提分法」

 道元『現代語訳 正法眼蔵 5』大蔵出版1994年初版、「七一 如来全身(にょらいぜんしん))」を読んだ。

《 そういう次第で、経巻は如来の全身である。経巻を礼拝することは、如来を礼拝したてまつることである。経巻に出会うことは、如来に見(まみ)えたてまつる ことである。経巻は如来の舎利であるから、舎利はこの経ということになる。たとい経巻は、如来の舎利であると知っているとしても、舎利がそのまま経巻であると 知らねば、仏道とはいえない。 》 本文 164頁

《 すなわち、この三千大千世界は、身命を捨てるとか、捨てないとかに関わることなく、ただ一つの真心であり、ただ一つの大虚空であり、そのままが如来の 全身であるということを。舎利は、仏になる以前とか、仏になった後とかにも関わらない。また、仏とならべていうのでもない。量り知れないほどの長い間の 難行苦行は、要するに、仏の胎内の活動状態に外ならない。また、そのままが仏の皮肉骨髄である。 》 本文 167頁

 「七ニ 三昧王三昧(ざんまいおうざんまい)」を読んだ。

《  そうした如来全身をどうしたら体得できるのであろうか。それが本巻「三昧王三昧」は明らかにしようとするのである。
  三昧王三昧とは、あらゆる三昧のなかの三昧の王さまということである。その他の一切の三昧は、王三昧の家臣ということになる。その王三昧がそのまま結跏趺坐 (けっかふざ)というのである。 》 解説 169頁

《 ここには、「如来から自己へ」の路線が、微妙に仄見える。しかるに、右の結跏趺坐は、路線が逆である。「自己から如来へ」である。つまり、何もかも まっしぐらに超越し、大尊貴なるものとして、仏祖の真っ只中に生れかわり、しかも、仏祖の極みをも限りなく超えて、独立者となり続けていくことである、という。 道元における主体性の強烈な意志力の働いていることが歴然としている。 》 解説 170頁

《 ともあれ、前巻において、折角、全世界が如来全身であるという仏道本来の基本が出てきたのに、実際の打坐の実践となると、「自己から如来へ」の、道元仏道の 不抜の特徴が噴出してくるのである。 》 解説 172頁

 「七三 三十七品菩提分法(さんじゅうしちほんぼだいぶんぽう)」を読んだ。

《 表題の三十七品菩提分法は、通常略して三十七道品というが、これは釈尊一代に、菩薩(悟り)へ通ずるさまざまな教えを説かれたのを、まとめて三十七品と なしたものである。その内訳は、四念住(四念処)・四正断(四正勤)・四神足・五根・五力・七等覚支・八正道である。この巻は、これらについての一一の解説で ある。 》 解説 181頁

《 論書や経典の文字だけを学ぶものでは、とうていこの大事な趣旨に触れることはできない。ましてその趣旨に参じ、かつ学ぶことがどうしてできようか。 》  本文 204頁

 はい、無理を承知の助。

 暑い〜。こればっかだな。三島、朝八時には29.3℃。部屋は30℃を越えている。冷房起動。28℃で涼しい。去年は十時起動だったが。
 暑さのせいなのか、老害なのか、ブログの誤記を翌朝に訂正が続く。今朝も一箇所。ま、翌朝気づくからまだいいか。
 昼過ぎ、洗濯物を取り込むだけで汗〜。
 午後、昼寝。

 ネット、いろいろ。

《  アートに多くの人が関心を持っていること自体は喜ばしいことであるし、この人気がどのような状況から生まれ、社会はアートに何を望んでいるのか、 その現状への関心は尽きない。

  けれども、こうした探究心の一方で、はみ出し者やはぐれ者の心をひっそりと慰めてくれるようなアートのあり方も何とか守っていけないか、という、 妙にセンチメンタルな気分も、私は未だに捨てることができないでいる。 》 西田祥子「オフィーリア回想」
 https://note.mu/shokonis86/n/n663a14d21f1e

 味戸ケイコさんの絵だけを展示する美術館・・・金は無いが。

《 金がないとすぐにいう人は、知恵が無いだけ。 》 木下斉
 https://twitter.com/shoutengai/status/1019381938610565120

《 「子どもには暑さを我慢させることが必要」
  →金を出したくない大人の常套句

  「仕事は金よりもやりがい」
  →金を出したくない大人の常套句 》 あきらgt*大阪都淀川区
 https://twitter.com/A5Gt/status/1019391230420049920

《 五輪については、どうしても8月にやりたいなら札幌でやるべきだし、どうしても東京でやりたいなら10月にやるべきだし、どうしても東京で8月にやりたいなら 真夜中にやるべきだと思っています。どうしても東京の8月の真っ昼間にやりたい人たちはあらかあじめ遺書を書いておくと良い気がします。 》 小田嶋隆
 https://twitter.com/tako_ashi/status/1019086769873014784

《  英タイムズ紙 Tokyoインパール ワロタ
   けど冗談抜きでインパール作戦と化してるよな東京五輪  》

《 循環胡弓。 》 いかふえ
 https://twitter.com/ikafue/status/1019490663409205249