閑人亭日録

『意味がない無意味』三

 千葉雅也『意味がない無意味』河出書房新社2018年初版、「 I 身体」を読んだ。

《 あれらの人物たちは外へ逃れ出ようともがいているのではない。むしろベーコンは、強く圧迫されて内に褶曲した身体を積極的に言祝(ことほ)いでいるように 思われる。 》 「思考停止についての試論──フランシス・ベーコン」 40頁

 このような鑑賞は気づかなかった。

《 それを示すのに、日本語の「~してしまう」や「~することになった」などの言い回しはとても便利である。私たち=人間がこれらを使った文の主語になるとき、 その文は、私たち=人間の(意思にもとづく)責任をいくらか免除する、非人間的な、他の原理の存在をほのめかしている。 》 「ズレと元々──田幡浩一「one way or another」展に寄せて」 47頁

 國分功一郎『中動態の世界』医学書院を再読したくなる。その帯の文から。

《 「する」と「される」の外側の世界への/旅がはじまった。 》

 「パラマウンド──森村泰昌の鼻」を読んだ。
 「不気味でない建築のために」を読んだ。「 I 身体」を読了。

 春めいた陽気の朝、中郷温水池下流のいつもの用水路でカワニナを採取。近所の人たちにこれはホタルの餌で、源兵衛川へ放流すると説明。餌とは知らなかった、と。 昔は他の川にもたくさんいた、と。だろうなあ。ホタルを観察している年配の知人に放流を委ねて帰宅。
 昼前、郵便局で順番待ちで壁面の記念切手を眺めていたら「スウィーツ」の切手。なんと赤坂しろたえのレアーチーズケーキも。これには驚いた。四十年ほど前に 何度か通ったお店。
 https://yu-bin.jp/kitte/0119/

 ネット、うろうろ。

《 三島という地名を聞くと反射的に口をついて出てしまうのが「産で死んだが三島のおせん」というフレーズだ。 》 杉江松恋『芸人本書く派列伝returns vol.16』
 http://www.bookaholic.jp/post-4666/

《 官房長官記者会見での本紙記者の質問を巡り、首相官邸が「事実誤認」「度重なる問題行為」などと本紙や内閣記者会に申し入れの文書を出したことについて 特集ページで検証し、東京新聞の見解を示しました。内閣報道室長が質問の途中で何度も遮る妨害の実情もお伝えします。朝刊7面をご覧ください。 》 東京新聞編集局
 https://twitter.com/tokyonewsroom/status/1097888769091530752

《 官房長官記者会見での東京新聞記者に対する質問制限問題で、本日20日付の東京新聞朝刊7面に検証記事。官邸の抗議は大半が難癖。内閣報道室長の妨害行為も 噴飯もので、1分半ほどの短い質疑で7回も質問を遮られた例も。「会見は国民のもの」「これまで同様、取材と質問を続けていきます」が本紙の見解。 》 佐藤 圭
 https://twitter.com/tokyo_satokei/status/1098002756357345280

《 吉本隆明は、晩年、解剖学者の三木成夫の所論によりつつ、「心」を、体内の自律神経系に制御された内蔵に由来する層(三木はこの層を進化的に「植物系」とした) と、感覚ー運動系に由来する層(動物由来」)に分けて考えられると提起した。ダマシオが、ここで説いているのも、そういうことである。 》 +M
 https://twitter.com/freakscafe/status/1097709681311535104

《 さらに、身体を感覚ポータルの「台座」として捉えることの強調は、中村雄二郎が説いた「共通感覚」論と同じ問題意識に基づくもので、 そもそも五感は独立した機能ではなく、例えば視覚を機能させるにしても、そこには運動感覚や触覚との協働が必須、その協働を可能にする台座が身体なのである。 》  +M
 https://twitter.com/freakscafe/status/1097711148688760832

 三木成夫に中村雄二郎そして吉本隆明。アントニオ・ダマシオ『進化の意外な順序』白揚社
 http://www.hakuyo-sha.co.jp/science/strangeorder/

《 ホワイトハウス宛の署名を始めたカジワラさんが、日本入国時に110分も拘束されて辺野古のことについてあれこれ尋問され、沖縄選出の国会議員が動いてくれて やっと解放されたとのこと。この国にもはや言論や思想の自由はないらしい。つーかマジやばくね? 》 想田和弘
 https://twitter.com/KazuhiroSoda/status/1098094182307151874

《 この季節に思い出す。早稲田大学卒業式、卒業生のデーモン閣下は悪魔のまんまで入ろうとして入り口で止められ「皆、社会に出る恰好(スーツ)でここに来ている。 吾輩はこの姿で社会に出るのだ」と明言しそのまま堂々ご出席。見事な同調圧力の蹴散らし方である 》 ぬえ
 https://twitter.com/yosinotennin/status/1098033380719902721

閑人亭日録

『意味がない無意味』ニ

 千葉雅也『意味がない無意味』河出書房新社2018年初版を少し読む。

《 哲学にも色々な分野があるが、私の専門は、人間や事物が「どのように在るか」の原理的考察、すなわち「存在論 ontology 」である。 》 「はじめに」

 「意味がない無意味──あるいは自明性の過剰」から。

《  我々には、有限な意味しか意味がわからない。
  無限の多義性という無意味、このことを〈意味がある無意味〉と呼ぼう。 》11頁

《 〈意味がある無意味〉は、もっと何かを言いたくさせるような無意味である。反対に、〈意味がない無意味〉とは、我々を言葉少なにさせ、絶句へと至らせる無意味 なのだ。 》 12頁

《 〈意味がある無意味〉から〈意味がない無意味〉へ──それは思考から身体への転換だ。 》 12頁

《 〈意味がある無意味〉の多義性は、相対主義の原理であり、かつ、信仰主義の原理なのである。 》 18頁

《 メイヤスーの立場──「思弁的唯物論」と称される──も、東=デリダの「郵便的誤配」も、相対主義・信仰主義への抵抗である。 》 19頁

《 これから論じるのは、「身体によって意味が有限化され、行為が実現される」ということである。そこに、物質的なものの破壊・変化可能性が関わってくる。 》  21頁

《 〈意味がない無意味〉とは、それ自体における無意味、「即時的無意味」である。〈意味がない無意味〉というトートロジーは、無意味の即時性を示している。 》  21頁

《 事物を無限に多義化させることが、思考の本性である。思考とは、意味および関係の極だ。その対極に「思考の他者」としての身体がある。身体とは無意味および 無関係の極だ。 》 22頁

《 有限性の哲学とは、〈意味がない無意味〉としての身体の哲学である。》 23頁

《 身体、それは「形態」である。 》 23頁

《 それが多義性を遮蔽する。 》 23頁

《 ポスト・トゥルースとは、真理がもはやわからなくなった状況ではない。「真理がわからないからその周りで諸解釈が増殖するという状況」全体の終わりなのである。  》 32頁

《 ポスト・トゥルースとは、〈意味がない無意味〉の側への移行である。 》 32頁

《 世界が複雑化したポスト・トゥルースの状況においては、同じ世界=事実という儀礼へと人々を誘い込むようなふるまいが必要である。(中略)それは、社交である。  》 34頁

《 現実的な世界を生きるとは、潜在的に無限な多義性の思考から、有限な意味を身体によって非意味的に切り取ること──そして、行為するということだ。 行為の本質が、〈意味がない無意味〉なのである。 》 35頁

《 現実的つまり行為的な世界が生じるには、潜在性の他者が必要ではないのか。絶対的な他者としての現実性が。 》 36頁

《  私はこれまで、分身のことばかり書いてきた。
  ただたんに、もうひとりの誰かがいる、ということを。その驚きを。 》 37頁

 それにしても、「社交」。山崎正和『社交する人間』中央公論社2003年。

 昼前、若い女性銀行員が預けてあった通帳を返しに来訪。平成の始めに生まれた彼女と四方山話をして、いろいろな発見があった。まず本をほとんど読んでいない。 電子図書でファンタジーを読むくらい。本の形態が苦手。そうかあ。モノとしての魅力を感じないのかあ。時間があるというのでLPレコードをかける。ベースの低音に、 アイフォンなどとは違う魅力を感じたと言う。レコードもカセットテープもほとんど縁がない。うーん、いつものことだけど、世代の差を実感。

 ネット、うろうろ。

《 「マーク・オコネル『トランスヒューマニズム──人間強化の欲望から不死の夢まで』」 池田純一 》 WIRED
 https://wired.jp/series/wired-book-review/20_to-be-machine/

《 「オルタナレフト論 第1回 躁転したマーク・フィッシャーとしてのオルタナライト」 綿野恵太 》 晶文社
 http://s-scrap.com/2959

《  小川淳也議員「総理大臣に官僚が良い数値を持ってきたら、それはいいから悪い数字はないのか、困ってる国民はいないか、社会の矛盾が埋もれてないか。 そういう総理なら数値論争は起きてない」本当にそう思う。統計不正が発覚後、一向に進まない審議。
  真相解明しようとする姿勢を全く感じられない。 》 ono
 https://twitter.com/ono_ono222/status/1097388401735524352

《 「悪夢のような民主党」は言い過ぎではないかに安倍さんが「言論の自由」と答え、首相の見識と品位を問われた。安倍さん、言論の自由とは 「市民が権力者や強者に対して自由にものが言える権利」のことであって「最高権力者の言いたい放題」ではないんですぜ。ねえ「言論の自由」をどこでどう習ったの?  》 立川談四楼
 https://twitter.com/Dgoutokuji/status/1097339480485224448

《 制作も、鑑賞も、すぐれて恋愛的だが、にわかに盛り上がれるのは〈不知〉のせいであって〈未知〉には触れていない。ゆっくり時間をかけて 「共振できる部分/深まっていく未知」という、対をなす行程にはいっていくと、自らの〈未知〉とも邂逅せざるを得なくなる。そこがはじまりである。 》 中島 智
 https://twitter.com/nakashima001/status/1097532060623822848

《 慶應義塾大学病院で産まれたせいで、受験で落ちる度に両親から「お前は産まれた時が一番高学歴だった」と煽られる 》 ゴミクルーン
 https://twitter.com/DustCroon/status/1096942651373322240

《 空気さえ読めれば生きていける 》

閑人亭日録

『意味がない無意味』一

 千葉雅也『意味がない無意味』河出書房新社2018年初版を少し読む。

《 本書を編集しながら私は、第一期の仕事を捉え直し、「意味がない無意味」という概念を案出して新たなテクストを書いた。それを冒頭に置く。 》 「はじめに」

 つづく「意味がない無意味──あるいは自明性の過剰」の章がなんとも難しい。難しくはないようだが、理解には程遠い。明日再読だ。

 午後 源兵衛川中流、三石神社下、眼鏡橋付近で茶碗のカケラとガラス片を拾う。重くなって終了。帰宅。汗ばんでいる。ふうふう。コーヒーが美味い。
 宵の月、おおスーパームーン

 ネット、うろうろ。

《 曜変天目「小碗の中の大宇宙」 異例の3館同時期公開 》 朝日新聞DIGITAL
 https://www.asahi.com/articles/ASM214PQBM21PLZU003.html

 一緒に公開ならいいけど。静嘉堂文庫の曜変天目茶碗は見ている。北一明の耀変茶碗を先に見ていたので驚きはなかった。

《 とにかく、AIはすごい、ということにした方が儲かるので、今後、心ある人以外は、人間の定義を貧乏化する方向の発言が増えるだろう。 この「心ある」というのは、フロイト的な意味だ。 》 千葉雅也
 https://twitter.com/masayachiba/status/1097157940488810496

《  2023年ごろというと大学や研究機関の大型の設備投資が止まって20年くらい経っていて、設備が老朽化で使えなくなる時期。

  そのタイミングでベテランの研究員が抜けると、研究室の研究能力がなくなる。

  致命的な破綻はそう遠くないところにある。世間が気づくのはもっと後になるかもしれないが。 》 MMM
 https://twitter.com/MMM140806/status/1095686046900047873

《  「トリクルダウンと言ったことはない」
  「拉致問題を解決と言ったことはない」
  「アベノミクスの効果と言ったことはない」
  「関わっていたら議員も辞めると言ったことはない」
  …… 》 能川元一
 https://twitter.com/nogawam/status/1097011422817509376

《 そのうち「“北方領土”と言ったことはない」も加わりそうだな。 》 能川元一
 https://twitter.com/nogawam/status/1097012244104151041

閑人亭日録

少子高齢化国の市民革命」

 東京新聞、「社説・意見」のページの浜矩子「時代を読む」の題「少子高齢化国の市民革命」は実に面白い。

《 筆者が行っている連続講座の一つで「日本に黄色いちゃんちゃんこ集団が出現したらどうなるか」という課題を出してみた。むろん、フランスの「黄色いベスト」 のもじりだ。 》
《 受講者の皆さんを二組に分けこのテーマで議論をしていただいた。いずれも実に面白い結果が出た。一つ目のグループが到達した結論が「祖父母と孫たちによる 市民革命」だった。 》
《 彼らは今風にいえば「じぃじ・ばぁば」として孫たちへの影響力が絶大だ。 》
《 かくして、危機感を共有する老いと若きの連帯が形成される。 》
《 現代史の中において初の連帯の構図であるかもしれない。 》
《 一方別のグループは、黄色いちゃんちゃんこの集団の出現が一大国民討論会の開催をもたらすと展望した。(中略)そうではなく、純粋に市民たちによる市民同士の 討論集会だ。その中から、市民のための新しい政治と行政、政策の形を導くのである。 》
《 国民討論会からは誰も排除しない。誰もが歓迎だ。ただし、あくまでも市民の立場においてである。 》
《 二つのグループから貴重な示唆を得た。この課題を提示して本当に良かった。日本の市民的知性は意気軒昂だ。 》

 疲れを忘れさせる記事だ。

 十時間寝た。仕方なく起きる。寝たいだけ寝たいが、これは困ることになる。
 朝、「大岡信の足跡を訪ねる…三島の水辺散策と詩の鑑賞会」に去年に続き参加。なかなか面白かった。お昼に解散。自宅近くのスーパー前に老若男女の人だかり。 みんな黙ってスマホを見つめている。ポケモン・ゴー。
 コーヒーを飲んでも蜜柑を食べてもなんか物足りなかった。水道水を飲んだら満足。これか。

 ネット、うろうろ。

《 大原美術館でスーティン1枚だけが幼き眼にも刺さった記憶については既述したが、いま想起すれば、他の近代絵画たちは「近代的」であれ「反近代主義」であれ、 共通して “美術大学で学んだ” アウラ、と譬えることのできる枠組みで括れるような安全な知覚があって、芸術本来の危険性を感じないのである。 》 中島 智
 https://twitter.com/nakashima001/status/1096730719089381376

 北一明の茶碗であれオブジェであれ危険性を感じる。

《  さすが森羅万象担当の現人神
  ノーベル賞も担当してるんだね 》

閑人亭日録

橋本治さんを悼む」安藤礼二

 東京新聞安藤礼二橋本治さんを悼む」が読ませる。

《 橋本治の残した業績は巨大で多様である。そのなかでも特に最後の十年、語りのさまざまな実験を繰り返しながら、ニ◯◯九年から翌年にかけて一気に刊行された 『巡礼』『橋』『リア家の人々』から一八年に刊行された『草薙の剣(くさなぎのつるぎ)』に至るまで、複数の人物の視点、あるいは主観描写と客観描写を自由自在に 往還し、戦後の「歴史」そのものを浮かび上がらせるという小説家としての達成は前人未到のものであるだろう。いまだに誰もその営為が持つ真の意味を評価できて いないと思う。 》

《 しかしなぜ「戦後」だったのか。その謎を解く鍵は、◯二年に刊行された評論『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』に隠されているように思う。 》

《 平成が終わろうとしているいまこの時、橋本治を追悼するのはまだ早すぎると思う反面、もう充分すぎるほどの仕事を果たし得たとも思われてならない。 》

 本棚には『リア家の人々』『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』。これまた早く読みたくなる。橋本治とはなにものなのか。型破りの知識人だ。

 午前、源兵衛川中流部、水の苑緑地かわせみ橋上流の土手の増えすぎた草を根こそぎ除去。一汗。昼過ぎ帰宅。
 http://www.gwmishima.jp/modules/information/index.php?lid=1995&cid=37
 午後、一万円を超える新刊本を本屋へ注文。他のモノを諦めれば買える。

 ネット、うろうろ。

《 全米図書賞は、ファイナリストの作家全員にメダルが贈られる。そして翻訳部門では、翻訳者にも作家と同じものが授与される。多和田葉子『献灯使』の翻訳者、 満谷マーガレットさんに見せていただいたもの。 》 岸本佐知子
 https://twitter.com/karyobinga/status/1096028585624723457

《 日本人の表情がエクマンの理論とは異なることを実証 ―世界で初めて日本人の基本 6 感情の表情を報告―  》 日本の研究.com
 https://research-er.jp/articles/view/77326

《 福島の主婦が追及!「政府の被曝基準論文」の不正疑惑  》 女性自身
 https://jisin.jp/domestic/1711774/

《 首相は私への答弁で、辺野古軟弱地盤の改良工事は「一般的で施行実績が豊富な工法で可能」と言ったが、全くのウソ。「海面から90mの深さ」 「7・7万本もの杭を打つ」などは、「一般的」どころか前例がなく、「施工実績が豊富」どころか工事可能な作業船すらない。首相よ、ここでもウソをつくか? 》  志位和夫
 https://twitter.com/shiikazuo/status/1096291550559035394

《  安倍晋三だろうが中山恭子だろうが杉田水脈であろうがなんであろうが、商店街の蕎麦屋とタバコ屋が潰れるような経済政策してる奴は保守でもなんでもない。
  毎日玄関に日の丸飾ってようが教育勅語絶叫しようが、商店街の蕎麦屋とタバコ屋が潰れたことで泣けない奴は、保守でもなんでもない。 》 菅野完事務所
 https://twitter.com/officeSugano/status/1096677359627862016

《 新しい元号を「山崎」にしたら、年を増すごとに深みが出てくるのでは 》 TOMO
 https://twitter.com/tomozh/status/1096020727201812480

閑人亭日録

統計、投稿

 東京新聞の記事から。

《 不景気も統計一つで好景気─。十四日の衆院予算委員会立憲民主党会派の小川淳也氏が、統計の重要性をアピールする標語を募集した総務省の対応を 厳しく批判した。(中略)「合わぬなら作ってしまえ偽統計」など約二十の投稿を紹介した。(中略)「お上から鶴の一声、好景気」「統計は答えを先に決めてから」 などと投稿を次次と紹介。》

 投稿といえば昨日の東京新聞の「笑ケース 1月の月間賞」。

《  戦争が廊下の奥に立ってゐた
               ──昭和
  戦争が国会の中を歩いていた
               ──平成
              (寄居町 せん三) 》

 昭和の戦争の句は、渡辺白泉の名句。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E7%99%BD%E6%B3%89
《 昭和四十一年(一九六六)三月、三島市南町8番21号に転居。 》 『現代俳句の世界 16 富澤赤黄男 高屋窓秋 渡邊白泉』朝日文庫1985年初版

 朝、車に同乗、静岡地方裁判所へ。三島駅南口西街区売却に関する公判を傍聴。午後三時前帰宅。
 http://www.gwmishima.jp/modules/information/index.php?lid=1993&cid=1
 洗濯物を取り込んでコーヒー。お供に昨日いただいたアソートチョコをパクパク。あれ、一個しかない。パク。葉書より一回り大きい空の黒い化粧箱を額に見立て、 友だちが三センチ四方の木のブロックに、地が黒灰色、図を白でポットやワイン瓶を描いたモノ六個を配置して両面テープで留める。おお、いいねえ。明日お見せしよう。

 ネット、うろうろ。

《 前に売ってしまった専門書が必要になってAMAZONでラインマーカー付きの一番安い古本を買う。そのラインマーカーを引いている箇所に見覚えがあるではないか。 帯はなかったが、どう考えても自分が線を引きそうなところに引いてあり、もとの所有本と確信。流れ流れて帰還した本、もう手放すまい。 》 ストラングル・成田
 https://twitter.com/stranglenarita/status/1096022202040733696

《 The Art of Book Covers (1820-1914) 》 The Public Domain Review
 https://publicdomainreview.org/collections/the-art-of-book-covers-1820-1914/?fbclid=IwAR3AJdqSB7DtbGxLAHm3NpYbYZuvcerKT4c0q0ch2xgHLMJsoPgO9AM8BK4

《 いい事業者はモテるんです。忙しいんです。いちいちしょうもない公募なんか探さないし、手もあげないのです。 》 木下斉
 https://twitter.com/shoutengai/status/1095898574842298368

《 国権の最高機関なはずなんだけど、国会って。なんでこんなしょーもない言い訳で答弁拒否できるの? 》 T-T
 https://twitter.com/tcy79/status/1095972019001147397

《 こんなことに目くじらを立てる人はそのうちフェラーリやフェラガモは子供の目に触れさせてはいけないとか言い出しそう。靴下をソックスと言ってはいけないとか。 白い液体は卑猥だから牛乳もカルピスも商品画像をCMで流すのは自重した方がいいとか。 》 鈴木涼美が考える、CM炎上問題とおじさんたちの愚直な夢
 http://bunshun.jp/articles/-/3837

《 総務省がよせばいいのに「統計の日」の標語を募集している。2018の「活かせ統計 未来の指針」には誰もが吹き、当然2019は大喜利状態だ。 「不景気も 統計ひとつで 好景気」「いい国作ろう 統計作ろう」「成長率 どれだけ盛れるか 腕次第」「改竄を 隠蔽するため 奮闘中」等、お天道様はお見通しなのだ。  》 立川談四楼
 https://twitter.com/Dgoutokuji/status/1096246709389164544

閑人亭日録

チョコレート

 友だちから美味しいチョコレートをいただく。お返しに友だちの好きな甲州の白ワインを贈る。

 Mal Waldron『TOKYO BOUND』CD盤1990年を聴く。前世紀聴いた時にはLPレコードのほうが音質がはるかによくてCDにガッカリしたけど、今聴くとそうでもない。 その昔のCDプレーヤーの性能がたいして良くなかったのだ。今、CDはCDで聴ける。しかし、LPレコードのぐいぐい迫る音の層の厚さには負ける。

 ネット、うろうろ。

《 東京藝術大学大学美術館 陳列館で、自由出品の美術展「東京インディペンデント 2019」が開催される。 》 美術手帖
 https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/19294

《 岡﨑乾二郎、真鍋大度、BCL、ティム・エッチェルス、チェルフィッチュらの作品を、お金がなくても競り合えるオークションが開催される。 》 SINRA.NET
 https://www.cinra.net/interview/201901-tpam

 岡﨑乾二郎の出品『壁面制作引換証』が面白い。私はガラケーなので参加できない←いい理由づけ。
 https://www.tpam.or.jp/2019/wp-content/uploads/2019/02/pca-yokohama-cards.pdf

《 表層のラベルや観念的なカテゴリーではなく、ものそれ自体の「潜在可能性」に着目して、そこからどのようなアウトカムが出るか予見する想像力の働きのことを 「鑑定眼」と言います。若者たちがこれだけ「目利き」にならざるを得ないのはいまが「資源なき時代」だからなんでしょうね。 》 内田樹
 https://twitter.com/levinassien/status/1095795443659751424

 美術にも言える「鑑定眼」。

《 日本の社会って、現場で成果をあげた人間を重用するとか、そういう公正さの観念がほとんどないなと最近しみじみ思う。差別の自覚なく、 駄目な人間を駄目なまま持ち上げる格好にする差別とか、そういうのが多い。唯一公正ぽく見えるのが、18歳でセンター試験を全国一律に受けるとか 》 清水高志
 https://twitter.com/omnivalence/status/1095607640627924992

《 人類がスマホに征服されることで喪われてしまう貴重な時間とは、有意義な時間ではなく、無意味な時間(暇)にほかならない。無意味な時間の喪失において、 まず枯渇するのがクリエイティヴィティである。 》 中島 智
 https://twitter.com/nakashima001/status/1095694242326822913

《 【松橋事件再審無罪へ】目に余る検察の“引き延ばし戦略”…冤罪救済のために再審制度の見直しを / 江川紹子 》 Business Journal
 https://biz-journal.jp/2019/02/post_26668.html

《 「桜田問題外の変」というナイスなギャグを思いつきましたが、念のため検索したら大量に出てきたのでツイートを控えます。 》 Terasawa, Takunori
 https://twitter.com/tera_sawa/status/1095632079444791296

《  悪夢ってマジ何?
  安倍政権は悪夢しか無いけど 》