『熊楠 生命と霊性』九(閑人亭日録)

 安藤礼二『熊楠 生命と霊性河出書房新社2020年初版、「生命と霊性」を読んだ。圧巻。

《 熊楠がなによりも守りたかったのは、「神社」という人為的な建造物ではなく、「神森」という非人為的な自然環境であった。 》 202頁

《 林業が盛んだった紀州では、すでに熊楠の時代以前から、手つかずの自然は神社の「森」のなかにしか保存されていなかったという。だからこそ「神社」を 守らなければならなかったのだ。 》 202-203頁

《 熊楠の主張するエコロジーもまた、そのような手つかずの自然としてある聖なる「森」をそのまま保存することをその最大の目的としたものだった。 》 203頁

《 熊楠にとっては「粘菌」も「夢」(潜在意識)も「密接錯雑」としているがゆえ、そこから新たなものが産出されてくる「混沌たる」母胎であった。すなわち熊楠の エコロジーは自然、生命、身体と精神を一つに貫くものだった。 》 203頁

《 進化は「前進」のみに限られず、「後進」つまりは「退化」することもある。その際、種を新たなステージへと導いていくのは実は「前進」ではなく、「後進」 (「退化」)の場合が多いのだ。 》 204-205頁

《 生命は、そのすべての完全さを具えたまま原型的な形態、原型的な存在にとどまることができる。そしてそこから新たな形態、新たな存在を生み出すことができるのだ。  》 206頁

《 あるいはまた、霊長類の子どもたちは皆、直立二足歩行をしている。ただ、親になっても直立二足歩行を維持し続けられるのはホモ・サピエンスだけである。あるいは 「幼体」を保ったまま成熟すること、すなわち「幼体形成」による「幼形進化」を経ることによってはじめて人類となったのである。とするならば、新たな人類は「進化」 (前進)ではなく「退化」(後進)の方向へ、「胎児」の方向へ現れ出てくるのかもしれない。 》 207頁

《 熊楠の三つのエコロジー、生命・精神・意味の発生を粘菌・曼荼羅・潜在意識に探求する三つのエコロジーに通底し、共有されているのは「神秘」の感覚である。 》  213頁

 ここからさらに踏み込んだ論述がなされる。抜き書きではやはり、論理展開の大事な箇所が抜け落ちてしまう。それにしても連想が勝手に飛躍し、”「幼体」を保ったまま 成熟すること”に、味戸ケイコさんの絵への新たな鑑賞の手がかりを見た。幼くして成熟してしまった少女。そこにこそ味戸さんの少女の謎めいた魅力がある。
 http://web.thn.jp/kbi/ajie.htm

 正午34.1℃。午後三時34.4℃。家こもり。風の通り道の畳に横になる。ふう、心地よい~。


 ネット、うろうろ。

《 「欧米」の哲学者と話すと彼らは自分らの哲学を前に進めることを考えてて日本やアジア哲学などは眼中にない。日本の哲学者のほとんどは「欧米」のことばかり 気にして流行を追いお勉強を続けてる。この構図はここ70年続いてる。J哲学という言葉が対抗言説として出てくる背景はこれだと思うよ。 》 森岡正博
https://twitter.com/Sukuitohananika/status/1423119903339388928

《 そもそも他人の所有物を噛むってなんなんだろう。みんな、自分が大事にしてるものを他人に噛まれるという事態を想像してみよう。 》 ささきりょう
https://twitter.com/ssk_ryo/status/1422923556053151749

《 都民や国民、私たち自身に、「気の緩み」があるなどと言うのはとんでもないこと。

  一番緩んでいるのは、五輪開催した政府や組織委ですから。しかも「気の緩み」という生易しいものでなくて、「一か八かの賭けとしての五輪開催」でしたから。 》  Koichi Kawakami, 川上浩一
https://twitter.com/koichi_kawakami/status/1423188076256325634

《 「東京五輪で警備にあたる警察官用の東京都内の宿舎を、新型コロナウイルスに感染した人を受け入れる施設として改修したものの、利用されないまま元の状態に戻す ことになった。改修と再改修に要した費用は計約48億円にのぼる」

  自分の金じゃないと雑に使う。 》 町山智浩
https://twitter.com/TomoMachi/status/1422964241812770821

《 自宅では家族に感染を広げるし、急激な重症化に対応できません。軽度、中度の感染者は、大規模収容施設に隔離し、ごく少数のワクチン接種済の医療従事者が 完全防備で管理する、というのが多くの国で行われている方法です。 》 町山智浩
https://twitter.com/TomoMachi/status/1423019839363239937

《 これは英国。日本以外の国では、軽度、中度の患者を体育館などの大規模施設に隔離しています。患者同士は既に感染してるから相互感染はありません。 それをごく少数のワクチン接種済の医療従事者が完全防備で管理します。自宅療養だと家族に感染を広げ、急な重症化に対応できないからです。 》 町山智浩
https://twitter.com/TomoMachi/status/1423000185039327232

《 (もしかして、中国が当初、感染者急増時(それでも全部で数千人レベル)指数関数的予測で新型肺炎専門病院を急造していた頃、中国の対応を公然と 「民度が違う(医療が遅れてる)」と揶揄していた要人が今尚政権中枢にいるせいで、当たり前の対策でさえ誰も言い出せない状態な予感) 》 Ken Sugar
https://twitter.com/ken_sugar/status/1422966120454057986

『熊楠 生命と霊性』八(閑人亭日録)

 安藤礼二『熊楠 生命と霊性河出書房新社2020年初版、「生命と霊性」を少し読んだ。論述の静かな熱気に圧倒される。理解したつもりが理解してねえや、となる。 ちょっと引用。

《 鈴木大拙は、自らの思想の形成期と完成期をアメリカで過ごした。 》 168頁

《 「さとり」の体験とは、多様なものを産出する宇宙の基盤そのもの、すなわち森羅万象あらゆるものを産出する意識(「心」)に直接触れ得たとき、そうした「心」を 生き、直接に体験したときに訪れる。森羅万象あらゆるものは、そのあるがまま、意識(「心」)から生み出されてくる。そうした有様こそが絶対の「真如」であり、 同時にまた絶対の「空」なのだ。大拙は、まさにここで、『大乗起信論』に説かれ、自らが整理した如来蔵思想の核心を、創造的に反復している。鈴木大拙とは、生涯を かけて「東方仏教」を成り立たせる基盤である「あるがまま」としての真如、如来蔵としての「心」を探求した宗教者にして表現者だった。 》 175頁

《 それだけでなく、「空」としての「心」を消滅のゼロでなく生成のゼロと捉え直すことで、如来蔵思想は無神論と有神論と汎神論、すなわち無神教(仏教)と一神教多神教との間を、具体的に言えば仏教と神道との間を、あるいは仏教とヒンドゥー教との間を、仏教とユダヤ教キリスト教イスラームとの間をつなぐことができると 考えられたのだ。もちろん、そうした総合性にして統一性の裏には無責任な折衷性に堕するという危険性も孕まれている。 》 177頁

《 宇宙自体の自己表現への欲望、自然自体の自己表現への欲望を共有しているからこそ、われわれは猫をはじめとする動物にも、鉱物にも、自らを見出し、また自らの うちに動物を、植物を、鉱物を見出すことができるのだ。それが「輪廻」の根拠であり、「輪廻」の現実なのだ。「如来蔵」としての「心」が、創造への欲望に、渇愛に、 「慈悲」に満ちる。そこから森羅万象あらゆるものが産出されていく……。大拙の『神秘主義』は、師から引き継いだ思想の宗教的な完成のみならず哲学的な完成を示して いる。そして、それは日本という固有の問題を超えて、世界という普遍の問題の前に大拙を立たせることになった。 》 181頁

《 影響は一方的なものではなく双方的なものであった。ハイデガーの「存在」は、大拙が依拠した真如としての如来蔵に、ユングの「無意識」は、アーラヤ識としての 如来蔵に、きわめて類似する理念である。ユング心理学の起源の一つも、大拙ベルクソン同様、アメリカでまとめられた有機的な進化論に存在している。「個」ではなく 「超個」を。東西を問わず、それは間違いなく二○世紀の思想の課題でもあった。 》 187頁

《 時代を画する理念は、そのなかに未来の可能性と未来の不可能性を、構築と破壊の双方をあらかじめ孕み込んでしまっているのだ。大拙にとっては、消滅のゼロではなく 生成のゼロ、「無」にして「無限」である、あるがままの「真如」(Suchness)、となるであろう。 》 188頁

 先だってNHKeテレ『日曜美術館』で特集された上條陽子さんから展覧会の案内などが届く。
 https://www.nhk.jp/p/nichibi/ts/3PGYQN55NP/episode/ts/Q28X3KL4PR/
 http://kunstverein.jp/custom926.html
 欄外に手書きで。

《 古邨のコレクターとして貴兄のこと
  NHKの○○さん、ご存知でした。彼女はとても
  優秀です、若いのに!! 》

 これは嬉しい。○○さんは、前にも書いたが、小原古邨と上條陽子さんの特集を企画した人。こういう人にお目にかかりたい。
 いつもの暑さに新型コロナ禍が重なり、外出は夕方、近所のスーパーへ自転車で行くだけ。凄い時代だ。

 ネット、うろうろ。

《 今日、最後の講義はアビ・ヴァールブルクの図像解釈学。ラスコー壁画とは関係なさそうだけれど、ヒトが世界認識として印した図像どうしが対話していく作用や、 そこに古代的なものが現れる作用においては、時代は無関係になるので、広告も、現代美術も、洞窟壁画も、等しく「起源が表れる空間」になる。 》 中島 智
https://twitter.com/nakashima001/status/1422481827902607363

《 資料2のp12は明らかに恣意的。
  2020年の政策経費を計算する際、原子力発電が36基(年間2282億kWh)動いているかのように想定して計算している。架空の数字で、政策経費を大幅に低く計算している。  》 大島堅一
https://twitter.com/kenichioshima/status/1422516698985353220

《 政策経費のおかしいところは、p.128ではっきりわかる。 》 大島堅一
https://twitter.com/kenichioshima/status/1422517324922322949

《 原子力発電の現実の政策経費は8.1円/kWhです。このことについて指摘もされないのですから、発電コスト検証WGは一体何をしているのか、と言われても仕方が無いでしょう。  》 大島堅一
https://twitter.com/kenichioshima/status/1422520209122881540

《 復興五輪じゃなくて、今回は完全にコロナ五輪。 》 大島堅一
https://twitter.com/kenichioshima/status/1422763221908221954

《 8月4日(水)

  朝日『入院制限 基準明示を要請 知事会、政府に リスク見極め課題』

  読売『入江「金」 ボクシング女子初』

  毎日『知事会長「客観的基準を」
  自宅療養 批判と混乱』

  産経『橋本2冠 体操・鉄棒』

  東京『自宅療養増すリスク 一家感染 症状も悪化』 》 プチ鹿島
https://twitter.com/pkashima/status/1422689443907981312

《 感染者数過去最多。我々の自宅は病床どころか棺桶だ/鈴木涼美 》 日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1771246

《 国民の生命を守るってことをほとんどやらず、やばいとなったら殺しに来た政権ってのは初めてだな。 》 津原泰水(やすみ)
https://twitter.com/tsuharayasumi/status/1422674191942258692

《 おら!都内某所、懲りずにベンチ設置してきたぞ!まあまあ、ここでひとやすみしていきなって 》 田中 元子 a.k.a. オイラー
https://twitter.com/hanamotoko/status/1421996413114675208

『熊楠 生命と霊性』七(閑人亭日録)

 安藤礼二『熊楠 生命と霊性河出書房新社2020年初版、「生命と霊性」を少し読んだ。

《 南方熊楠は、このように語る法龍から、「法身(ほっしん)」という概念を学んだのだ。森羅万象あらゆるものは根源としての「一」なるものから生まれ、それゆえ、 根源としての「一」なるものを孕んでいる。最もミクロな存在(粘菌)のなかにこそ、最もマクロな存在(大宇宙としての大日如来の働き)が秘められている。そして そこから精神と物質が分化し流出してくるのだ。熊楠の理解は、その一点に尽きる。 》 146頁

《 「粘菌」とは、「如来蔵」の最も美しい表現であったのかもしれない。ここにおいて、鈴木大拙の「霊性」(如来蔵)と南方熊楠の「曼荼羅」(粘菌)が一つに重なり 合う。それはさらにベルクソンの『創造的進化』を介して折口信夫井筒俊彦の意味論にもつながっていく。「霊性」と「曼荼羅」が一つに総合されることで生命と意味との 関わり、両者が産出されてくる根源にあるものが明らかにされる。そこにこそ近代日本哲学がもつことのできた、いまだ尽きることのない無限の可能性が秘められている。  》 153頁

 続いて折口信夫井筒俊彦の思想の本質が論述される。それまで遠景にあった折口信夫井筒俊彦がぐっと近景になった。

《 折口信夫「産霊」と井筒俊彦の「存在」は、自らのなかから森羅万象あらゆるものを生み出すという点において等しい。同時に、折口も井筒も、そうした生命の発生と 言語の発生を一つに重ね合わせていた。生命の母胎は同時に意味の母胎でもある。それは折口と井筒の結論である。さらに井筒が生涯の最後にまとめた小著、 『意識の形而上学』には「『大乗起信論』の哲学」というサブタイトルが付けられていた。井筒は『大乗起信論』に説かれた如来蔵思想を、イランのスーフィズム (存在一元論)と中国のタオイズム(老荘思想)を両極とする自らの比較東洋哲学を成り立たせる中心に位置づける。大乗仏教の「如来蔵」(「法身」)によって イスラームの「存在」(「神」)と老荘思想の「無」(「道」にして「混沌」)が一つにむすび合わされるのだ。おそらくそれが大拙の「霊性」と熊楠の「曼荼羅」が 到達した、現在までのところ最後の場所である。
  われわれの未来の哲学、われわれの未来の表現がはじまるとしたなら、その最後の場所以外は考えられない。 》 159-160頁

《 その果てに折口が到達したのが森羅万象あらゆるものに生命(霊魂)を賦与する「産霊」の神である。その神は万物に超越するとともに万物に内在している。つまり 生命の源泉になるとともに意味の源泉ともなる非人格神、姿も形ももたない「葦牙(あしかび)」(黴)のような、「水母(くらげ)」のような神である。折口にとって 霊魂とは言葉であり、言葉とは霊魂であった。 》 163頁

《 折口信夫の営為を引き継ぎ、その言語論をより論理的に、より普遍的に磨き上げていった者こそ井筒俊彦である。(引用者・略)井筒にとって哲学、宗教、文学は「憑依」 によって可能になるものだった。その根底には「憑依」によって可能になった「呪術」としての言語が存在していた。 》 163-164頁

 和箪笥の防虫剤が「おわり」の表示。予備と取り替える。やれやれ。ついでに段ボール箱を開く。こちらはまだ。やれやれ。予備があってよかった。こんな暑い中、 お向かいの薬局までも買いに出る気力がない。新型コロナ患者は三島市でも日々増えているし。家こもり~。お昼寝~。しかし、腰から左足は、背骨の具合が悪くて突然、 痛~っ。寝返りもイテテテッ。右肩は五十肩で上がらない。お手上げ~。一杯のコーヒーを淹れる。湯を少し注ぎ一分ほど蒸らす。湯を二度注ぐ。少しして飲む。旨い。 午後、覚醒。

 ネット、うろうろ。

《 ま、僕はもう異端でよい。僕は王道だと思ってるけど。 》 千葉雅也
https://twitter.com/masayachiba/status/1422190921072791559

《 (続き)大勢の医療関係者が科学に基づいて関連を指摘し、医療体制を守るために東京五輪の中止を求めるのは、五輪に関係ない一般市民だけでなく、 五輪に参加する選手の命と健康も考えてのこと。それを「選手への攻撃」のようにすり替えて架空の被害を創り出す。批判除けの盾として選手を利用している。 》  山崎 雅弘
https://twitter.com/mas__yamazaki/status/1422189020130398209

《 大阪の医療崩壊は映像としてほとんど視覚化されなかった。起きつつある東京の医療崩壊も視覚化されないでしょう。

  我々が原発について正気でいられるのは爆発映像をほぼ全国民が共有しているから。あれが無ければ、と考えると空恐ろしい。コロナの惨禍は当事者と想像できる人しか 共有していません。 》 Koichi Kawakami, 川上浩一
https://twitter.com/koichi_kawakami/status/1422236497969750017

《 「電話で会話できるかどうか」は、正確に言うと”息切れで会話が途切れ途切れならSpO2≦93”という識別法だが、第4波の大阪、神戸のように、 入院させられるベッドがない。医療者が泣く泣く「入院できません」と言わされ心を壊すことになる。 》 vogelsang7
https://twitter.com/vogelsang7/status/1422303252394086410

《 入院用のベッドが無くなって、
  救急外来は診療だけとなった…。
  発熱して受診、検査して帰るだけなら
  【発熱外来】とたいして変わらない。

  緊急入院が必要な患者を受け入れる事ができず
  救急外来の本来の役割が全うできない… 》 マモリナ
https://twitter.com/mamohospital/status/1422355558913519620

《 フジテレビの深夜の短いニュースがこんな報道。 》 miho nobuki
https://twitter.com/nobukimiho/status/1422213868533682178

《 ここまで来る前に対策する時間はだいぶあったんだが、何もやらなかったからな。政治としてあまりに無茶苦茶、無責任。

  入院患者以外は原則自宅 政府、宿泊療養を限定 感染増加地域(毎日新聞)
  #Yahooニュース 》 ささきりょう
https://twitter.com/ssk_ryo/status/1422351578736992266

《 10~20人レベルではあっても、五輪関係者から毎日新規感染者が出て、隔離施設や入院施設を埋めている。
  その施設は本来、国民のためのものだ。海外からお越しの五輪関係者には一刻も早く荷物をまとめてご帰国願いたい。
  主催国が医療崩壊してるのにバブル内で五輪! そんなの許されるはずもない。 》 水無月
https://twitter.com/minadukiG/status/1422236143316180999

《 ああ、「安心安全な大会」って、
  五輪関係者にとって安全安心ってだけのことだったのね 》 buu
https://twitter.com/buu34/status/1422176754349658116

《 アンジェリーナ・ジョーダン15歳 》 ネットゲリラ
http://my.shadowcity.jp/2021/08/15-10.html

『熊楠 生命と霊性』六(閑人亭日録)

 安藤礼二『熊楠 生命と霊性河出書房新社2020年初版、「生命と霊性」を少し読んだ。

《 すなわち、西田幾太郎には同級生である友、鈴木大拙が、柳田國男には年長者である師、南方熊楠がともに存在し、独創的な近代日本誕生のための重要な触媒となる ような役割を果たしたのである。しかも、この二人、大拙も熊楠も、近代日本を成り立たせた諸制度とは最後までうまく折り合うことができなかった。二人とも、ともに 大学を頂点とする近代的な学制、アカデミックな体制への参加を、その入り口の段階で拒否され、諦めざるを得なかった。二人の最終学歴は、ともに初等中学校卒業である。
  アカデミックな体制から離脱せざる得なかった二人は、これもまた相次いで、近代日本の「外」を目指した。この「外」へと至る通路も、近代のグローバリズムが はじめて可能にしたものだった。大拙アメリカに渡り、熊楠はアメリカを経てイギリスに渡っていった。 》 131-132頁

《 西田哲学の起源には鈴木大拙が位置し、柳田民俗学の起源には南方熊楠が位置している。そしてその二人、鈴木大拙南方熊楠もまた、互いに無関係であったわけでは なかった。 》 132頁

《 大拙は、「霊性」を、現実の認識を成り立たせているさまざまな二項対立(精神と物質、主観と客観、無限と有限等々)を一つに止揚してしまう働きと捉えている。 西田の「絶対矛盾的自己同一」は、明らかに、大拙がここで用いている宗教的な「霊性」概念の哲学的な読み直しである。当然、その逆もまた真となる。 》 135頁

《 南方熊楠は、「一」なる動物の生態と「多」なる植物の生態を繰り返す特異な生命体である「粘菌」に、「曼荼羅」という伝統的な宗教概念が復興され、再興されている 様を見た。しかも熊楠はその「曼荼羅」の中心に「大日(法身)」としての「心」を据え、その「心」から「心界」と「物界」が分化・流出してくると考えていた(引用者・ 略)「大日(法身)」から精神(霊魂)の源、物質の源が分化・流出するとは、それ以前に土宜法龍に宛てた書簡でも繰り返し説かれていたことである。大拙が「霊性」と いう言葉を用いて説明しようとしていた事態そのものである。熊楠の「曼荼羅」もまた、明らかに大拙の「霊性」と起源を共有していた。 》 136頁

 全文引用したくなる。それは無理でござんす、はあ。じつに興奮させる。

 ネット、うろうろ。

《 宇能鴻一郎だけの棚を作ってみた。こんな本棚は嫌だ。 》 ロック漫筆
https://twitter.com/yasudaida/status/1421735182529302530

《 会田誠《東京城》 / AIDA Makoto "Tokyo Castle" 》 you tube
https://www.youtube.com/watch?v=ZCScvP3WnZc

《 今、この時代に「醒めている=冷めている」のはますます難しくなっている。 》 千葉雅也
https://twitter.com/masayachiba/status/1421772836335546368

《 76年前の今日。1945年8月1日,八王子空襲。深夜0時過ぎから169機のB29が来襲し,死者445人,負傷者2000人以上,焼失家屋14000戸,罹災人口77,000人の被害が 生じた。写真は8月4日に石川光陽が撮影したもの。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。 》 渡邉英徳
https://twitter.com/hwtnv/status/1421581466325094409

《 B29による東京大空襲で死者10万人を出した翌朝、当時の小磯国昭首相はラジオで「敢然として空襲に耐えることこそ勝利の近道であります」と。 完全に戦争に負けてもこの言い種(ぐさ)は、菅首相に受け継がれていはしまいか。「国民の命と健康を守っていくのが開催の前提条件」であったはずだ。 》 東京散歩人
https://twitter.com/wysvoice/status/1421627680886194176

《 日本国民の多くはIOCぼったくり男爵らの興行に乗せられて、手のひらの上で転がされてるというわけだね。東京大会のあとに続く各大会もこれをずっとやるわけだ。
  今回のオリンピック騒動を見て、スポーツはオリンピックとは別枠組みで今後は盛り上げるべきだと強く思った。 》 森岡正博
https://twitter.com/Sukuitohananika/status/1421767689500909568

《 オリンピックの視聴率が高いって…、
  オリンピックしか放送してないからじゃね!! 》 しずかちゃんの妹
https://twitter.com/onpuchama/status/1421736635658473472

《 「拡大の原因を五輪に求めるのは、選手たちにも失礼ではないか」って

  そもそもは、
  「こんなリスキーで不安な、集中しにくい環境で競技を強いるのは、選手たちに失礼ではないか」だよね 》 buu
https://twitter.com/buu34/status/1421852078662569984

《 デルタ株の増え方は「指数関数的」なものだと説明してもキョトンとしている人に「栗まんじゅう的」と説明したら、「それやべーじゃん!」と すぐ理解してくれる点から見ても「ドラえもん」は偉大だ。 》 七月鏡一
https://twitter.com/JULY_MIRROR/status/1421719277187469314

《 「栗まんじゅう的」が分からなかったので調べてみた。
  …理解しました。 》 1回済★スマイル セイラ
https://twitter.com/SmileSayla/status/1421974175577608192

《 >自宅療養と言う名の放置は、間違いなく重症者も死者も増やすことになる

  はい。それに加えて、#LongCovid や後遺症の被害も増やすことになります。 》 Koichi Kawakami, 川上浩一
https://twitter.com/koichi_kawakami/status/1421798519216558083

《 >知事会 県境またぐ帰省中止をお願い

  今の感染状況を見れば当然のお願いですが、国境をまたぐ(またいでいる)五輪の中止が先とは思います。

  ワクチン接種もしくはPCR検査を何度でも無料でできるようにして、移動ができる社会を取り戻したいですね。 》  Koichi Kawakami, 川上浩一
https://twitter.com/koichi_kawakami/status/1421893584303759363

《 都道府県知事「帰省は原則中止して!」

  国民「中止の考えはない。強い警戒感を持って帰省に臨む」 》 ディーン・アタオカ@脱糞活動家
https://twitter.com/deendeen1506/status/1421765061593354245

《 五輪を中止しても感染の勢いは収まらないけれども、今週中ならまだ東京は機能しているでしょう。都市機能が保たれているうちに、世界中日本中から集めている 五輪関係者を、確実に無傷で家に返したい。菅総理や小池知事やバッハ氏がそう思っていないなら、本当にまやかしのリーダーだと思いませんか? 》 青木正美
https://twitter.com/aokima33/status/1421850779921436679

《 五輪のせいで感染爆発が起こったとは言ってない。本来ならコロナ対策に投入されるべき人員とカネが割かれ、五輪が収束への障壁になっていると言っているのだ。 復興五輪を謳いながら、福島を置き去りにし、人員とカネが五輪に投入されてしまったのと同じ理屈で、根本が致命的に間違った五輪開催なのだ。 》 立川談四楼
https://twitter.com/Dgoutokuji/status/1421678812404670465

《 ワクチンの職域接種とは本来、フロントライン(最前線)つまりコロナに接する危険が高い現場で働く人々の接種を優先すること。医療、介護、育児、薬事、清掃、 農業、食品加工、食料品店、飲食店、交通機関の運転手など。でも、日本の職域接種は大企業を優先する。吉本のタレントさんとか。 》 町山智浩
https://twitter.com/TomoMachi/status/1421989357209100293

《 アリが行き先を見失って他のアリに付いていくだけになると、グルグル渦を巻きはじめてみんな力尽きて死ぬまでこうしてるらしい。 どこかの人間社会に似てて怖い 》 成田 悠輔
https://twitter.com/narita_yusuke/status/1421974261846069252

『熊楠 生命と霊性』五(閑人亭日録)

 安藤礼二『熊楠 生命と霊性河出書房新社2020年初版、「神秘と抽象」を読んだ。

《 その南方熊楠は、「粘菌」を自らの生涯の研究課題に選んだ。そして、一なる動物と多なる植物の生態を繰り返す「粘菌」のなかに、いま目の前で、生きて活動する 「曼荼羅」の姿を見出した。 》 94頁

《 物質の抵抗を生命の意思が突破し得たときにはじめて新たな形態が生成される。 》 99頁

 上記の一文に北一明の陶芸作品が重なった。彼の言う「創造美」とはこういうことだ。
 http://web.thn.jp/kbi/ksina.htm
 http://web.thn.jp/kbi/kitaron.htm

《 カントは「神秘」を拒絶し、認識の人間的な条件を浮き彫りにすることによって、「哲学」を可能にした。「東方大乗仏教」は逆に「神秘」の直中(ただなか)に 「哲学」の発生を位置づけ直す。「神秘」から新たな哲学が生まれ、抽象と超現実(シュルレアリスム)を二つの極とした新たな表現が生まれてくる。 》 105頁

《 人間的な時間と空間の限定から解き放された「心」、三次元を超えた四次元の世界にひらかれたその「心」から生起してくるものは人間的な言語ではとうてい表現する ことができない。だからこそ描かなければならないのだ。 》 126頁

《 マレーヴィチは、来たるべき絵画の対象を、ごく単純な図形に絞り込む。その図形が三次元世界と四次元世界をつなぐ窓となるのだ。 》 126頁

 126頁のこの二つの引用は、味戸ケイコさんの初期の絵を想起させる。「はてしもなくて」1978年、「幻想列車」1980年など。
 http://web.thn.jp/kbi/ajie.htm

 ネット、うろうろ。

《 「見た目いじめ」と少女の死 顔にアザ、外見差別受けた男性の後悔/石井 政之 》 withnews
https://withnews.jp/article/f0210731002qq000000000000000W0h410801qq000023403A

《 現在から廃炉、そして事故の確率を無視した、瞬間値の比較は全く意味が無い。安全が確認されず(安全確認の改竄、隠蔽が3.11後も無数に起きている) 事故が起きた場合の積算不可能なレベルの超巨額な負債と比較すべき。福一だけでも未だに収束までの予算は先が見えないというのに。 》 m-take
https://twitter.com/takeonomado/status/1421749317174505487

《 これからすべき事。
  1.全原発廃炉決定、実行。
  2.安全基準の徹底的な再検査と本当に安全な原発の再稼働。
  3.無数にある原発関連天下り機関の廃止。(経費削減
  4.国のエネルギー政策のゼロからのやり直し。
  1日100億の無駄金は虚構の安全信仰を続けた原発事業者の責任。 》 m-take
https://twitter.com/takeonomado/status/1421768391547785217

《 僕の森美術館の個展(2012年)の際、企業のスポンサーが大林組以外付かなくて困っていた折り、名乗り上げてくれたのがTENGでした。 残念ながら森美術館が断ったわけですが、当時の通念からすると仕方なかったかな…。 》 会田誠
https://twitter.com/makotoaida/status/1421608227842654209

《 BBCニュース - 【東京五輪】 なるべく見えないよう……都心から排除されるホームレスの人々
  https://bbc.com/japanese/video-58021551 》 BBC News Japan
https://twitter.com/bbcnewsjapan/status/1421446505546731524

《 韓国ではずいぶん前から在韓米軍基地の移転、縮小が進んでいます。在日米軍基地の存在理由の一つが「半島有事」に即応することだとしたら、 どうして半島では米軍基地が減り、日本では減らないのか、その合理的な根拠を開示するのは日本政府(とメディア)の仕事ではないでしょうか。 》 内田樹
https://twitter.com/levinassien/status/1421595840070619136

《 GoToそんなにしたかったら、30兆の予算でPCR検査を拡充して、コロナゼロ戦略に切り替えて無料で検査できる体制にして、 旅行の際にはPCR検査するようにすれば、感染も収まるし、旅行も外食もコンサートや観劇も楽しめるのに、なぜしないのでしょう?
  PCR検査拡充すると困るお友達でもいるのかしら? 》 chocolat viennois
https://twitter.com/la_neige_haruki/status/1421507352197361665

《 感染症対策の3原則に立ち戻った対応を。
  1、感染経路対策―五輪中止で国民と危機感を共有、十分な補償を行い、自粛の実効性を高める。
  2、感染源対策—職場・家庭・学校で大規模検査を行い、無症候感染者を保護。
  3、宿主免疫—ワクチン確保と供給を責任をもって実行。
  この3原則をセットで実行を! 》 志位和夫
https://twitter.com/shiikazuo/status/1421613570429648899

《 世界線等は関係なく感染抑制に完全に失敗して感染大爆発で甚大な被害を出しているわけですから、行政のトップとしてその責任は免れようがないでしょう。 国民の命と健康を守ることを優先したか、最善を尽くしたのかという観点で五輪強行開催も失政の一つということになるかと思います 》 くぁとる
https://twitter.com/QuatleWinner/status/1421440552239648768

《 今から五輪を止めると色々面倒。大規模検査が必要なことを認めると色々面倒。満員電車で感染する可能性を認めると色々面倒。 子どもが感染を広げる可能性を認めると色々面倒。
  その面倒ごとを解決するのが政治と行政だろ。面倒くさがってる間に何人死んで、これから何人死ぬと思ってるんだ。 》 shinoda soshu
https://twitter.com/ssoshu/status/1421236276720640007

《 これは...。 》 下流人生 、風俗日記
https://twitter.com/karyujinsei/status/1421440289386860546

『熊楠 生命と霊性』四(閑人亭日録)

 安藤礼二『熊楠 生命と霊性河出書房新社2020年初版、「神秘と抽象」を少し読んだ。これまた凄い展開だ。展開に追いつかない・・・。

《 鈴木大拙の(一八七○─一九六六)の「霊性」と南方熊楠(一八六七─一九四一)の「曼荼羅」。 》 76頁

《 大拙の「霊性」はマレーヴィチカンディンスキーの抽象表現(あるいはデュシャンの四次元思想)と共振し、熊楠の「曼荼羅」はブルトンシュルレアリスムと共振 している。近代日本思想の誕生と、近代世界芸術(抽象表現とシュルレアリスム)の誕生は、その起源を同じくしている。その証拠は、大拙と熊楠のアーカイヴに、抽象表現 とシュルレアリスムのアーカイヴに残されている。 》 76頁

《 大拙の「霊性」も熊楠の「曼荼羅」も、そのようなアーカイヴから形づくられた。アーカイヴは、書物の「古」と「新」という区別を無化してしまう。「霊性」も 「曼荼羅」も、きわめて古い概念であるとともに、きわめて新しい概念でもある。 》 77頁

 以下、実に甚深な論が展開される。全文引用しないと、片手落ちになり誤解を招くおそれ。引用は控える。

 昨日今日と友だちのスマートフォンの買い替えに同行。夜、疲れがどっと出る。読書進まず。
 永青文庫でもクラウドファンディングを始めた。それほどまでに運営資金が脆弱とは。入館料を当てにしていたとは・・・。
 https://readyfor.jp/projects/eiseibunko_01

 ネット、うろうろ。

《 魔都ヤーシブでは本日も様々な世界観の人が表現の自由を行使し、テレビ局がそこかしこでおもしろ素材を探している 》 貴族
https://twitter.com/hasegawa_fusao/status/1421386309071892484

《 美術批評とは、この〈ヒトの自然〉を読み解くことである。すなわち対象作品にたいして作者自身が述べていることを鵜呑みにするのではなく、 その作品に表れている無意識(構造)を眼差していく行為である。現状では「私にはこう見えた」という批評家自身の無意識の、ロールシャッハ的吐露が少なくない。 》  中島 智
https://twitter.com/nakashima001/status/1421040018013888516

《 日本でやって欲しい経済政策をどんどんやってるバイデンさん

  バイデンを見習え! って普通に言えてしまうこの現状…… 》 (Ǝ)ɐsıɥıɥso⅄ ouɐɓnS
https://twitter.com/koshian/status/1421009714633089025

《 「東京五輪の中止は現実的でない」論にたいしては、こちらの授業用教材をどうぞ。原題は「『現實主義』の陥穽」、今から七〇年前に丸山眞男が雑誌に寄稿した エッセイで、「陥穽(かんせい)」を「おとしあな」に書きくだしたほか、旧漢字をやさしい漢字になおして、抜き書きしてあります。 》 イルコモンズ
https://twitter.com/illcommonz/status/1420843617036292096

《 >五輪を正当化する為か、今やたらと「重要なのは感染者数ではなく重傷者数と死者数」という風潮

  実は、これ、ず〜っとです。去年の春からずっと。
  このため感染者を把握して隔離・保護することも最小限、PCR検査も抑制され続けてきました。LongCovidや後遺症も軽視され続けています。 》 川上浩一
https://twitter.com/koichi_kawakami/status/1420733830781038593

《 東京の緊急事態宣言延長について、丸川五輪相は「大会とは全く別に判断されるもの」と述べた。日本テレビ
    コロナの位置づけがまた変わった。「打ち勝つ」対象から「全く別」のもの、無関係なものへ。「何がどうなろうと関係ない、安心安全もう無理」宣言。 》 上丸洋一

https://twitter.com/jomaruyan/status/1421027655864881158

《 江川紹子氏の「具体的に答えて」との質問への菅首相の答えは、もう悲惨で目も当てられなかった。だれか録画してないかな。時代の汚点として末代にまで 語り継ぐべき場面ではなかったか。 》 森岡正博
https://twitter.com/Sukuitohananika/status/1421064206745411586

《 菅首相、開催基準示さぬまま五輪に突入した責任に言及せず 本紙の質問はぐらかし続ける 》 東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/120710

《 危機感が伝わらないんじゃなくて

  危機だと思ってないんじゃ? 》 buu
https://twitter.com/buu34/status/1421117739020656646

《 地位が人を作ると言うが、今目にしているのは能力のないものが最高権力者の地位についてしまって収拾がつかなくなっているということではないのか。 》  平川克美
https://twitter.com/hirakawamaru/status/1421087569681416202

『熊楠 生命と霊性』三(閑人亭日録)

 安藤礼二『熊楠 生命と霊性河出書房新社2020年初版、「粘菌・曼荼羅・潜在意識」を読んだ。

《 「夢」は混沌から秩序を生み出す。「もの」たちの重なり合いのなかから無数の論理の束、関係の束を導き出す。熊楠は、その生涯においても思想においても、互いに 相容れない二面性を生き抜いた。露わなものと隠されたもの、過剰に言語化されるものと根底から言語化を阻むもの、人為と自然、等々。熊楠はつねに二つの極のあいだを 揺れ動き、二つの極の矛盾と相克のなかから、「夢」を媒介として、特異な神話的思考を編み出していった。 》 56頁

 北一明を想起させる。

《 粘菌(混沌=自然)とともにこの「燕石考」という論考(秩序=論理)こそ、熊楠が見出した潜在意識の構造を最も良く理解させてくれるものだ。(引用者・略) だからこそ、熊楠の潜在意識論がもつ基本構造を十全に理解するためには、「燕石考」を読み解いていくことが必要不可欠なのである。熊楠にとって「論理」と「神秘」は 表裏一体の関係にあった。 》 56頁

《 熊楠は「燕石考」によって、図書館に整序された近代の知の体系を太古の混沌とした森によって一度徹底的に解体し、さらにそれを再構築し、そこに一つの総合を もたらした。 》 57頁

《 個別の起源を探る伝播論でもなく、普遍を目指す類型論でもなく、個別と普遍をつなぐ構造論として。具体的な「物9を通して、現実と想像という分割を無化し、 止揚してしまうような人間の無意識の働きをさぐることによって……。 》 60-61頁

《 人間の論理を超えた「理」の観点から世界を捉え、複雑に絡まり合った「事」の束を解きほぐしながら世界の意味を明らかにしてゆく。それが、熊楠が達成を名指そうと していた「事」の学の全貌である。 》 62頁

《 熊楠の「燕石考」とは、このような「事」の学の実践として、またその完成として位置づけられるものなのだ。 》 62頁

 「燕石考」は26日(月)に読んだばかりなのでよく覚えている。アクター・ネットワーク理論の先駆と感じた。

 ここだけ厚い雲なので外出を控えていた午後四時、突然の豪雨。午後七時過ぎ、もう降りそうにないので近所まで食料品を買いに自転車で行く。

 ネット、うろうろ。

《 芸術作品が、おおよそ無意識でできていることに気づかなければ、その形式を視てしまう。これは芸術的か?/なにを意味しているのか? といった、 形式で視てしまうと、非-形式が織りなすネットワーク、すなわち構造を受けとれなくなる。構造は、鑑賞者の無意識をも巻き込みながら、不意打ちを喰らわす。 》  中島 智
https://twitter.com/nakashima001/status/1420810905034448897

《 物質感はものすごく対称的だと思います。(もちろん村上さんが先輩ですが)だいたい同時期にデビューした僕ら二人の、現在の物質性におけるあまりもの対称性、 張本人ながら面白いと思っています。 》 会田誠
https://twitter.com/makotoaida/status/1420695622835838978

《 NYT: CDC長官によると、ワクチン接種を終えても場合によってはマスク必要と勧告を変えたのは、30日に公表する新調査で、デルタ株はワクチン接種完了者の鼻や喉に 潜伏し、本人は未発症でも、他人に伝播することがあると分かったから。 》 Yuko Kato
https://twitter.com/yukokato1701/status/1420888783088541701

《 首相「人の流れは減っている」
  政府分科会・舘田教授「人の流れが減っていない」
  政府分科会・尾身会長「(人流抑制は)期待されるレベルには、まだ残念ながら至っていない」
  専門家の分析を無視し、楽観論をふりまき、五輪開催にしがみつく。あまりに無責任だ。
  #五輪をやめ命をまもれ 》 志位和夫
https://twitter.com/shiikazuo/status/1420539829331271681

《 3000人以上が入院調整中の、その都市で、オリンピックをまだ続けるのでしょうか。山火事が起きているのに、ワイワイ煽っておいて、あとは知らんぷり。 勝手に家で倒れていてくださいと言うのですか。誰なのですか、こんな悪魔の為政者を選んだのは。地獄の景色だったこんなに酷くないでしょうよ! 》 青木正美
https://twitter.com/aokima33/status/1420343304651108354

《 今何が起こっているのか、これから何が起きようとしているのか、その時あなたやあなたの大切な人の命はどうなるのか、考えてみましょう。メダルの数より、 私たちの命が大切です。諦めず声をあげてください。 》 青木正美
https://twitter.com/aokima33/status/1420745846656684035

《 正直で良いじゃないか。俺たち庶民はコロナの国にいて、銭ゲバどもは五輪の国にいる。永久に接点は無い。

  IOC広報部長、コロナと五輪「パラレルワールド」無関係強調 | 毎日新聞 》 津原泰水(やすみ)
https://twitter.com/tsuharayasumi/status/1420679633033338886

《 自室にいる時、LINEのビデオ通話に出ると「いま倉庫ですか?」と言われたことがある。

  自室に雑誌の取材が来た時、座る余地がないため、立ち話になる。

  敷布団がない。

  こういう住環境で暮らすものにとって、小池の「自宅を病床に」はほんとうに、切実な恐怖を感じた。 》 urbansea
https://twitter.com/urbansea/status/1420717993294585859

《 なんで税金で雇われている警察官が6万人も都内に集まって殆ど私企業の祭りである五輪を守ってるのか、街中を睨みつけてのかって、あの光景はやはり不愉快 》  貴族
https://twitter.com/hasegawa_fusao/status/1420916735343960064

《 長崎県西海市の山奥にある廃校を利用した音浴博物館です。約16万枚のレコードが所蔵されていて、全て自由に聴くことができます。音楽にひたすら没頭できる空間で オススメですよ。 》 Y氏は暇人
https://twitter.com/y_ta_net/status/1420315577260806148