明治後期複製木版画の魅力(閑人亭日録)

少ないが審美書院の彩色木版画入りの美術本を集めると、いろいろな探索をしたくなる。『真美大観』第八冊日本真美協会明治35年11月25日発行(編輯兼発行者 田島志一) 収録『普賢菩薩画像』(絹本着色)筆者不詳の多色摺木版と『日本名画百選』上巻(編輯東…

審美書院 対 国華社(閑人亭日録)

田島志一が関わっていた明治36年~44年の審美書院の美術書の出版物と同時代の国華社の美術雑誌『国華』以外の美術書の出版物を年代順に並べてみた。抄録。 現物を手にしていない美術書も当然あり、またネット情報の出版年に違いも見られる。表記は新漢字に直…

『飛ぶ孔雀』二(閑人亭日録)

山尾悠子『飛ぶ孔雀』文藝春秋2018年初版、後半「II 不燃性について」を読んだ。前半の「飛ぶ孔雀」と関連するが、これまた、同じ感想を抱く。時空が狂ったような シュールな始末が描かれる。場面展開の早い映画を見ているような。コレハ、ナンダロウ。一場…

『飛ぶ孔雀』(閑人亭日録)

山尾悠子『飛ぶ孔雀』文藝春秋2018年初版、前半の表題作「飛ぶ孔雀」を読んだ。最初の短篇「柳小路界隈」。《 トエは夜の川辺で火を焚いた。燐寸の燐がたけだけしく闇に発火し、焚きつけの紙を変色させて明るい炎がさっと走る。正常に燃え上がったその火が空…

梅雨明け(閑人亭日録)

中村雄二郎『共通感覚論』岩波現代選書1979年初版、「第III章 五 生活世界の二つの言語」の続きが興味深い。《 人間活動のあらわれとして、このような無意識のシステムにかかわる象徴的世界をはっきり捉え、それに対するふさわしい接近方法としてあらわれた…

『共通感覚論』第三章第5節(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』「第十章 西田哲学と日本の社会科学」の注。《 弁証法を換喩的な〈言語の論理〉とするとらえ方については、もっと詳しくは、拙著『共通感覚論』第三章第5節を参照。 》 347頁 『共通感覚論』岩波現代選書1979年初版、…

『日本文化における悪と罪』九(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版「第二部 第九章 〈場所の論理〉と〈天皇制の深層〉」を読んだ。《 先に私は、世界の諸神話にある宇宙創成論には、その発想の基底に(1)〈つくる〉と(2)〈うむ〉と(3)〈なる〉という三つの基本…

『日本文化における悪と罪』八(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版「第二部 第八章 〈場所の論理〉と〈演劇的知〉」を読んだ。《 しかし場所とは、右に見てきたもの──〈存在根拠や基体としての場所〉──だけに尽きない。少なくともそのほかに、〈場所としての身体〉、〈…

『日本文化における悪と罪』七(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版「第二部 第七章 歴史的形成作用と芸術 ──西田幾多郎のポイエシス論をめぐって」を読んだ。《 したがって西田では、〈行為的直観〉は、これを直観面からとらえるときには共通感覚になり、逆に行為面か…

『日本文化における悪と罪』六(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版「第二部 第六章 〈場所の論理〉の彼方へ(パリ討議版)」を読んだ。《 制度は、固有の法則あるいは論理を持ってきます。それは、人間の意志によって設定されたものですが、ひとたび設定されると、規範…

『日本文化における悪と罪』五(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版「第五章 恥の文化と非寛容」を読んだ。《 民族的・宗教的対立の、つまりは非寛容のなによりの怖ろしさは、どんなに小規模の小競り合いであっても、最終的には自分の死に世界を道づれにするおそれがあ…

『日本文化における悪と罪』四(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版「第四章 誠という道徳的価値について」を読んだ。《 それにしてもなぜ、これほどまでに〈誠〉の儒学が大勢を占めたのであろうか。 それについて相良亨は、こう説明している。徳川時代においてもしも倫…

『日本文化における悪と罪』三(閑人亭日録))

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版「第三章 隠されていた儒教と道教」を読んだ。《 墓参りや先祖供養は、通常われわれが思っているように、本来の仏教的なものでもなければ、日本固有の民俗信仰に基づくものでもないからである。 》 94…

『日本文化における悪と罪』二(閑人亭日録)

中村雄二郎『日本文化における悪と罪』新潮社1998年初版を少し読む。《 このように心のあり方というものは、意のままにならない。(中略)およそ人の心というものは、もともと善でも悪でもないけれども、善にもなれば悪にもなる。 人の心根は業縁によって簡…

『日本文化における悪と罪』(閑人亭日録)

昨日話題の『The Sky is Blue with a Single Cloud』。巻末の見返しにこんな注意文。ここまで凝っている。《 This book is presented in the traditional Japanese manner and is meant to be read from right to left.The cover at the opposite end is con…

『The Sky is Blue with a Single Cloud』(閑人亭日録)

故つりたくにこさんの夫、東京の高橋氏からカナダの出版社から七日に出た作品集『The Sky is Blue with a Single Cloud』(空は青空 雲一つ)が届く。開封して ビックリ。紙質が良いので印刷が鮮明。四、五十年ほど前の漫画なのに最近描かれたように鮮やか。…

「近代的」「明るい」(閑人亭日録)

今朝の新聞折り込み広告、某霊園の惹句「近代的で明るい施設の数々が皆様をお迎えいたします」。「近代的」ねえ。美術は近代美術、現代美術と区別。現代的ではない、 をどう解釈するか。この惹句、老人ホームにもそっくり使われそう。そうか、「明るい」が強…

トリコロール(三色旗)(閑人亭日録)

昨日届けられた、建設会社の知人が業界紙に連載している最新記事「意図的に流布された国旗の由来」が興味深い。《 それではフランス国旗が、いつから、どうしてこの三色になったかといえば、こちらにも誤った通説が流布されている。 つまり、フランス国旗の…

反故紙か記録紙か(閑人亭日録)

東京新聞「今日の運勢」は”人の呼吸は昼夜問わず動き続ける。身体に感謝して労わるべし”。朝の一仕事をしたらなんだかお疲れ気分。当たり~。横になる。昼前、 激しかった雨が止む。動き過ぎてはいけない。どっかで聞いた文句だな。 午後、私信をポストへ投…

『詩歌の待ち伏せ3』(閑人亭日録)

ジャズファンにはよく知られた歌手ビリー・ホリデイとサックス奏者ジョン・コルトレーンの祥月命日。といってきょうは聴く気がしない。 昨夜、風呂上りに牛乳をグイグイ。それから食器棚からおもむろにヴィンテージ物のリキュールグラシを取りだす。若い頃気…

滅多に見られぬ光景(閑人亭日録)

思いがけない晴天。布団も洗濯物もよく乾く。用事が済んだ昼過ぎ、友だちと源兵衛川~白滝公園を巡る。暑いが木陰を吹く風は心地よい。どこも湧水がいっぱい。 現兵衛川最上流部の飛び石は完全に水没。通行禁止のロープが張られている。子どもの頃を思い出す…

浅川マキ(閑人亭日録)

きょうの東京新聞の連載記事、つのだ☆ひろ『この道』68回は、「浅川マキ 4」。《 彼女いわく、ベッシー・スミスやビリー・ホリデーは好きだが、サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドにはあまり興味がない。ハイレーベルのオーティス・クレイ はいいけ…

『猫も天使も』(閑人亭日録)

昨日恵投にあずかった照屋眞理子遺作句集『猫も天使も』角川書店2020年を読んだ。軽快に飛び跳ねるテニスボールのような俳句。ガットで受けるとずしんと重い手ごたえ。 帯に十五句掲載されている。私の選んだ好みの俳句とは重ならない。こちらは良し悪しわか…

『精神病学教室』(閑人亭日録)

石上玄一郎『精神病学教室』1942年発表を、第三文明社レグルス文庫1980年初版で再読。ぐいぐい惹き込まれ、一気読み。戦時中の発表とは、にわかに信じがたい。 「あとがき」から。《 これは昭和十七年十月の「中央公論」に発表されたが、(中略)戦争中に、…

石上玄一郎~田中清玄(閑人亭日録)

『全集・現代文学の発見・第八巻 存在の探求 下』學藝書林1968年初版、月報2、対談石上玄一郎・遠丸立「人間の自由と自殺」に弘前高校の時に一緒だった太宰治が 話題になっている。《 まあしかし、そのうち文芸部に入ったので、いろいろ話し合うようになり…

『自殺案内者』(閑人亭日録)

昨日の梅崎春生『幻化』が阿蘇山噴火口が最後の舞台だったので、石上玄一郎『自殺案内者』を『全集・現代文学の発見・第八巻 存在の探求 下』學藝書林1968年初版で 再読。1951年の作。ビルマの過酷な戦役からの復員帰りの語り手は敗戦後、伊豆大島の宿の客引…

『幻化』(閑人亭日録)

梅崎春生『幻化』を読む。日本文学全集の類でもっていると思っていたが、結局見つからず、『全集・現代文学の発見・第五巻 日常のなかの危機』學藝書林1968年初版 収録で読んだ。時は戦後二十年。四十過ぎの男が東京の精神病院を抜け出し、羽田から鹿児島へ…

突き抜ける色彩(閑人亭日録)

なぜ味戸ケイコさんの絵と北一明氏の焼きものに惹かれ、拘るのか。味戸さんの鉛筆の黒の抜けるような色彩、北氏の一瞬の光芒を魅せる釉薬の色彩。味戸さんの黒には 椹木野衣の文章を。《 実際、イラストレーターとして知られてきた味戸の原画は、印刷にかけ…

『カオス・領土・芸術』補遺(閑人亭日録)

先だって読んだエリザベス・グロス『カオス・領土・芸術』法政大学出版局2020年初版を飛び飛びに再読。なぜ深く共感し、元気づけられたのかよくわかる。《 すなわち芸術は、質料が共振すること、質料が質料以上のものになることを可能にするのでである。これ…

『徘徊老人の夏』(閑人亭日録)

種村季弘『徘徊老人の夏』ちくま文庫2008年初版を読む。氏、六十四歳の刊。そうかあ、そんな歳で徘徊老人かあ。私よりも五歳も若くて、と思っていたが。いやいや、 氏の人生の経験の桁違いの深さを読了して気づく。やはり私は青二才を卒業したばかりだ。青二…